モヤモヤを乗り越えて

生きている限り

パッとせず

モヤモヤしていること

たくさんあるだろう


日本人は

イエスでもノーでもない

そんな半端な状況を好む

バランスがとれているのかもしれない


しかし

いづれは

どちらかに舵をとらなければ

先に進むことはできない


モヤモヤしているということは

凪の状態なのかもしれない


思案する時間もたいせつだ


じっと目を瞑り

明日への希望を

こころのスクリーンに映し出し

未来の自分に

必死に問いかけている


目指すべき目的地は

視界のなかに入っているだろうか


目的地への道筋は

描けているのだろうか



未来への扉

いま開かれる

糸のように見えないモノで繋がっている

 

絆の右を見てみると

半と書かれているとも見える

 

絆は2つの要素でできている

 

ひとつは生まれもったモノ

 

親、兄弟、親戚の繋がり

産まれてきた時にはすでにある

 

血の繋がりは

先祖から引き継いだバトンだ

 

不思議なコミュニティ

 

盆や正月になると

磁石がくっつくように集っていた

 

何かあったときには

不思議に飛んできてくれる

やはり

はるか昔から引き継がれた長い旅路を

同じバトンをリレーしながら

同じ方向に向かっているのかもしれない

 

 

もうひとつは

生きている過程で手に入れる絆

 

趣味、思想、空気感のような

不思議なモノで繋がっている

 

強く引けばちぎれてしまうような

引かなければ遠ざかってしまうような

 

か弱い

か弱いからこそ

たいせつなもの

 

生きる喜び

 

楽しむ喜び

 

喜びを共有できる絆

 

ココロに穴があいてしまうとき

 

そっと癒してくれる

 

そんな宝ものを

 

我々は常に追いかけ続けている

 

止まってしまっては

取り残されてしまう気がするから

 

 

 

 

 

行列

ひとはなぜ
行列を作っているのだろう

行列の先に何があるのだろうか

スーパーの特売
DVDボックスの発売
アイドルの握手会
アニメイベント

きっと
ワクワクしながら
並んでいるのだろう


時には雨に打たれながら

時には風に吹かれながら

寒さに震え

待ちわびるその先に

希望が広がっているのだろうか


それとも

何もないけど

皆が並んでいるから

並んでみているのだろうか


集団心理は

時に危険を生じさせる


ひと方向に動き出すと

その流れが加速していく

まるで

滝が流れ落ちるように

集団が同じところへ突き進む


一歩歩みを進める前に

立ち止まって考えてみたい

行き先の姿を


常に先を見ているおきたい

こんな時代だからこそ

スターダスト

すべてのものは
つぶつぶで出来ている

素粒子、原子、分子

たったひとつのつぶが

やがて

ひとつ、またひとつ

積み重なっていく

いろんな形を作りながら


ひとりひとりが

光り輝く星屑を胸に秘め

今日もどこかで戦っている



行き先がわからなくなった時

そっと自分に話しかけてみよう


自分の奥深くにある

小さな小さな

スターダストによって

未来へ続く長い一本道が

キラキラと照らされている

雲竜型

横綱の土俵入りの型のひとつ

稀勢の里もこれを選んだ


右腕は大きく伸ばして攻勢をかけ
左腕はしっかり曲げて守りを固める

攻守が混在する型

時には果敢に前へ
時には腰を低く踏ん張る


人生の振幅の中で
流れを見極めるチカラが必要だ


上り調子のときは
重心を前に加速していく

上がっているときの高揚感
風を切って走る爽快感
まさに
天にも上る気持ちになる
流れに乗るタイミングを逃してはならない


しかし

振幅しているということは
いづれは頂上に達する

頂上に至ると
そこからはきつい下りが待っている

上れば上るほど谷は深い
下りの無い山はない

まさに
攻めと守りの攻守交代


著名なスポーツ選手や政治家が
絶頂なときに
突然辞めることがよくある


彼らには
すでに頂上の先にある
急な下り坂が見えていたのかもしれない


調子が良い時こそ
悪くなったときに備えたい


ソフトランディングするのは難しい

難しいからこそ
たくさん失敗を重ねる

失敗するたびに
良い方法を見つけていく


最近の日本は
一度の失敗が命取りになることが多くなった

若者たちは
失敗しないように身を粉にして
余裕なく働いている

昔の若者が抱いていた夢を見ることなく


世界の環境は大きく振幅している

ここままでは
日本が下り坂に突入したとき

ハードランディングになってしまう


いまならまだ間に合う

気の効いた言葉

言葉には3つの要素がある

1つ目は
文字通り言葉自身の意味


2つ目は
誰からかけられた言葉なのか

同じ意味の言葉でも
発言した人が違うと
反応が変わってくる


3つ目は
どんな時にかけられた言葉なのか

同じ意味の言葉でも
発言のタイミングによって
反応が変わってくる


気の効いた言葉をかけるのは
なかなか難しい


ひとが寒さに震えているとき

こころが温まるような言葉を

そっと差し出すことができる


人のこころを惹きつける

そんな大人になりたいものだ

プランB

世の中思った通りになる


そんな甘いモノではない

甘く見すぎだ

そう思われるかもしれないが

やはり思った通りになる


あなたは

思った通りにならないと
思っていらっしゃるでしょう

じゃー思った通りになっていないでしょう

ということは

思った通りになってるじゃないですか


何事も考え方次第

ものは言い様

一生懸命やった事がうまくいかなくて

適当にやった事がうまくいってしまう


やり始めた時から時間が経てば

最善だと思っていたプランAが

活用できなくなってしまう

だからこそ

視野を広く持ち

違う策も考えておこう


今の社会を見ていると

勝ち目の無さそうなことを

極力排除しようとしている


それは危険だと思う


一見、無駄と思われる
プランBにこそ
活路が隠れている


行き詰まりを感じたとき

脇道に目を移してみよう

突破口が広がっている

思い通りに

幸せを数えたら
片手にさえ余る

不幸せを数えたら
両手でも足りない


幸せの価値は
不幸せの負債よりも遥かに大きい

幸せとは
得難く貴重なモノだからこそ
とても愛おしい


不幸せの暗い闇を漂うとき
光がささなくとも前に進む

そんな力強さを与えてくれる

やがて

地平線から希望の光が差し込み
それに呼応するように

鳥のさえずり
風の声
木々の囁き

活力が生まれてくる


明けない夜はない

やがてくる希望の光を

待ち望んで生きるのだ


思い通りに生きてみよう

出雲から始まるジャーニー

ヒトと人
不思議な糸によって
結びついている

その大半は
自分の意思ではたどり着けない
大きなチカラによって導かれる


最近ふと思いだす

2年前に行った日本一周の旅


あのとき立ち寄った出雲の地

樹齢1000年をこえる大木の前で

両手を大きく広げ

深呼吸しながら

目を閉じる

やさしく流れる風に乗って

烏帽子を被った者たちによって

美しく奏でられる雅楽が聞こえてくる

心地よい時間が流れた

不思議とカラダに
チカラがみなぎってくるのを感じた


去年から起こっている
衝撃的な別れと出会い


もしかすると

あの時に

スタートボタンが
押されていたのかもしれない


因縁果報

自分の行いによって未来は開ける

開けた世界にたくさんの縁がある

掴むも落とすも自分次第


不思議な世界への旅(ジャーニー)は
始まったばかりだ

365分の1

今年はいろんなことかろ解放され
飛躍の年になるに違いない

そんな根拠のない自信に満ちている

ひとは節目にさしかかると
気分を一新して
チカラを入れ直す傾向がある

今年は

今年には

今年こそは

今年はきっと

願望も膨らむ特別な日


しかし
地球のサイクルにとっては
何も特別なことはない

初日の出というが
明日も
明後日も

ほとんど変わりがない

いつものように淡々と
東の空から顔を出す


これまでは
ヤレ、初日の出だ
ヤレ、初食事だ
ヤレ、初詣だ

なんでも
新たな年を意識していた


しかし
今年の年明けは実に自然だ

食べたいものを食べ

お腹がいっぱいな状態で

うとうとしながらテレビを見て

ふと目覚めると年が明けている


近所の神社に行く道すがら
雲ひとつない空から
やわらかく照らす太陽の光を浴びる

他のいきもの達と同じように
天然の光のシャワーを全身に浴び
気力、体力が満たされる

自然のなかでは
今日という日は
365分の1ページに過ぎない


どんな日でも
1日1日を大切に生きよう

時の流れはいつも変わらず
未来へと流れて行くのだから