読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きるということ

ひとは何か「宿命」を課せられて生まれてくるのだろうか

それとも生まれてから宿るのだろうか

ひとはひとりで生まれ

そして人になる

 

スクランブル交差点を行き交う人々

ときにはすれちがい

ときには共鳴しあう

さまざまなベクトルが激しく交差する現代

そんな濁流に押し流されまいと

必死にオールを漕いでいる

 

世は平成

平和で穏やかに成立しているように見える

しかし現実はどうだろう

濁流に飲み込まれて

生というレールから自ら下りてしまう

たくさんの人々がいる

生きてるって何だろう

そんな問いがあちこちから聞こえてくる

しかも答えを求める悲痛な叫びだ

 

だけど僕はこう思う

答えを見つけられなくて当然だ

なぜなら、宿命を授けた神のみぞ知ることなのだ

人間は万能ではないのだ

 

だから、力を抜いて生きてみよう

時には流されたっていいじゃないか

体中に血が流れている人間なのだから