読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にごりのない人生

優等生のような

にごりのない人生なんてつまらない

傷ひとつない新品のような鎧には

何故か哀愁が漂っている

 

おてんばだった子供が

傷を重ねながら成長していくように

失敗の中からたくさんの知恵を授かる

挫折の中から強力なバネを授かる

絶望の中から光を見出だす

 

いまどきの大人は

大きな社会というキャンパスの上で

いかに目立たず

にごらず生きていこうか

押し潰されそうになっている

 

そんなときは立ち止まって

グラスに映る白い雲を見てほしい

自由に空を泳いでいるではないか

風に乗って泳いでいるではないか

 

にごりの無い空間には雲はできない

雲は塵というにごりが素になっているのだ

雲は空のキャンパスに描かれた作品

 

人びとを魅了する作品を作るには

ときには、失敗、挫折、絶望が

必要なのかもしれない

それが人間らしさの源だから

 

にごりのない人生なんてつまらない