読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行き止まり

広い草原を走りまわりたくなった

好奇心に動かされて

知らない小路をどんどん進んでいく

右へ左へ構わず舵をきる

 

怖くはなかった

好奇心という矛を持っているのだから

雲ひとつない世界を歩いてく

ところが

これまで影に潜んでいた暗雲が

クラッカーのように勢いよく放たれる

たじろぐ僕

恐怖心という盾に行く手を阻まれた

 

矛と盾の攻防が始まる

勇気をもって突き進まねばならないときもある

安定のために守らねばならないときもある

どちらに正解なのだろう

 

迷い込んでしまったときは

鳥のように上空に羽ばたき

全体をおおきく見渡してみよう

視点を変えることで見えてくるものがある

追い込まれたときこそ

冷静さを失ってはならない

 

明らかに劣勢のときは

決して戦ってはいけない