読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷山の一角

海に漂う氷山は
全体の1割しか海面に出ていない
残りの大部分は海中でおとなしくしている
まるで出番を待つ役者のように

世の中には目を凝らしても見えないものがある
見たくても見えないものがある
むしろ見えないもののほうが多い

わかってはいるが
どうしても見える部分で評価が決まる
それぞれの役者は
それぞれのステージに合わせた
衣装を身に纏って演じている

ときには合わないこともあるだろう
自分を沈めて耐えなければならない

ときには重圧を背負うこともあるだろう
重い鎧が体力を奪ってゆく

ボロボロになりながら演じ続け
降板する役者が後を絶たない

そうなる前にこう考えてみよう
演じ方を変えたほうがいいかもしれない
演じる場所を変えたほうがいいかもしれない
そこに留まるのは危険だ
固定観念にとらわれては危険だ

目ん玉ひんむいたって見えないものは見えないんだよ
by 座頭市