読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレーバー

原子にも
分子にも
物にも
人にも

目に見えない
香り、たたずまい、オーラ
それがフレーバーとして認識される

圧倒される何かを持っている
黙っていても存在感がある
そんな人は近くにいないだろうか
そうなってみたいと思ったことはないだろうか

フレーバーには2種類ある
生まれもった香り
生活のなかで生まれてくる香り

才能と努力
前者は授かった不変のもの
だから、己の力を客観的に理解しておかなければならない
後者はその生き方で変えられるもの
だから、主観的にチャレンジしていかなければならない

ひとは本能的にフレーバーをかぎ分ける
そして混ざり合って新たな世界を作り出す

いま生きている世界は
偶然の上に造られた必然なのかもしれない
考えてみれば
自分の選択の積み重ねが現在だ

目を閉じてフレーバーを感じてみよう
きっと
遠い昔の先祖との繋がりが見えるかもしれない