読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペクトル

混じり合った成分を分解して
順番に並べられたものをこう言う

大地を照らす太陽の光は
普段は無色に見える
だが
お天気雨の後
雲の切れ端によって分解され
レインボーに姿を変える

混じりっ気がないように見えて
実は彩りをたくさん隠し持っている
積み重なるごとに輝きを増していく

すべてのものがこうなのだろうか
いや、そうではない

染料の場合はどうだろう
積み重なるごとに淀みを増していく

粒子が小さいものは溶け込み易く
粒子が大きいものは馴染みにくい


では人間の集団はどうだろう
色んなキャラの人が混じり合っている

これは状況によって変化するだろう
個々が生き生きと輝いている集団
互いがいがみ合って淀んでいる集団

違いは何か
いろんな要素があるだろうが
こうは考えられないだろうか

己を小さく、他人を大きく
というお坊さんの言葉がある
これはまさに
ことをうまく運ぶための
小さな楽譜なのだろう
小さな者たちは
キレのよいハーモニーを奏でる

いつの日か
ハーモニーを作り出す
コンダクターになってみたい
順に並んだ成分を
カクテルみたいに
かき混ぜる