読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとは何も持たずに産まれ、何も持たずにこの世を去る

オリンピックの功労者は

表彰のスピーチでこう言った

 

ひとの一生を考察するのは

世界共通なんだと実感した瞬間だった

 

じつに哲学的で

じつに刹那的だ

どんなに貧しくても

どんなに苦しくても

この刹那を大事に生きなさい

ということなのだろうか

 

ひとは常に何かを得たいという欲求がある

ひとは常に何かに認められたいという欲求がある

安心して、美味しいものを食べることができる

安心して、快適に寝ることができる

この基本的な欲求が満たされている

豊かなわが国では

より大きなものが欲しくなるのだろう

このために眉間のシワが増えていく

 

貧しくとも

いま生きることの喜びを噛み締め

笑いジワを絶やさない

 

どちらが幸福なのだろう

もっとシンプルに生きていきたい

もっと身軽になりたい

 

そもそも

何も持っていないのだから