読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビハインド

僕の歩みはいつも
リードされた状態から始まる
自慢ではないが
“初物”に弱く
エンジンがかかり出すのが遅い
ぼんわりした風貌も手伝って
ウスノロ扱いされることも
一度ではないかな
だけど
そこで歩みを止めずに
たんたんと
自分のペースで歩いていく
すると
どこかのタイミングで
やる気スイッチが現れる
寝食忘れて取り組んでいる
理系の血が騒ぐ
そのうちに
誰よりも詳しくなっていた

泥臭くてもいい
しっかりと腰をすえて
進んでいけば
自然と足腰も強くなる
ハードルがあっても
乗り越えていけるだろう

サラブレットに媚びることはない
サラブレットの真似をしなくてよい

 

駄馬には駄馬の矜持があるのだから