読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝉と禅

家の近くの神社は木々に覆われている

近くを歩いていると

木の幹には蝉がたくさんとまっている

ビルに囲まれた街のなかで

ここだけは昔と何ら変わっていないのだろう

そう思うと

蝉の音色を通じて

神秘的な時間を味わうことができる

 

1週間くらい前から

蝉たちの鳴き声が盛り上がってきた

ジージーと絶え間無く

その小さな体から目一杯

一心不乱に鳴き続ける

蝉たちの夏フェスも今が最高潮

ときどき

野良猫たちが聴きに集まってくる

 

ジージージージーと

一定の音階を刻むその鳴き声は

お経のようにも聞こえる

そういえば

蝉と禅の漢字は

とても似ているのだ

単純に似ているだけかもしれないが

繋がりがあるような気がする

 

両者には正反対の一面もある

禅は静の性質を持っている

ひたすらに坐り続け

心穏やかに真理を見つめる

一方で

蝉は動の性質を持っている

体中の力を使って

鳴きつづける

 

だが

蝉の一生は

生まれてからの数年間

土のなかでじっと出番を待っている

まるで

お堂のなかで坐り続けている

修行僧たちのように

 

やがて

表舞台に姿を現すが

そのとき

彼らに残された時間は

あまりにも少ないのだ

本能的にそれを悟った彼らは

最後に華を咲かせるため

精一杯鳴きつづけるのだ

法華経を唱えるように

 

お盆が明けると

今度はミンミン蝉も参戦してくる

物思いにふける秋が

足音がたてて近づいてくる