読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

責任論

事件とかになると

子供の不祥事の責任が

親にまで及ぶことがある

 

芸能人ともなると

スポンサーになっている

企業のイメージもあるのか

涙ながらに謝罪して

活動を自粛する姿を

よく目にする

 

確かに

子供はいくつになっても

その親の子供には違いない

だけど

20を過ぎたら大人になり

社会にでて

自分で生計をたてるようになれば

自分で自分の責任をとるべきだし

親の影響下から独立できる喜びを

噛み締められるのではないかと思う

 

責任は重くのしかかるが

その反面

何をするにも自由が与えられ

前方の視界が開けている

もちろん

法の範疇内で

 

 

僕は学生時代

クルマを親から借りるのに

ものすごく難儀した

キーを借りるとき

親との禅問答がはじまる

 

僕がどんなに理屈をつけて

押したり引いたりするが

この問いに

返すコトバがなかった

おまえが全部、責任をとれるのか?

 

悔しいかった

悔しくてたまらなかった

 

だが

まわりの連中を見ると

イイクルマを自由に乗り回してる

新車に近いきれいなクルマを

自由に乗り回している

羨ましくて

羨ましくてたまらなかった

 

それから3年が経った

ようやくそのときがきた

自分が稼いだお金で

好きなクルマを手に入れた

感動が溢れてきた

うれしくて

うれしくてたまらなかった

 

 

さらに時間が経った今

あのときの問いに

自信を持って答えられる

 

おれが全部、責任をとれるよ