読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壺算

本日は古典落語の世界にご案内します
今回は、長いです
登場人物は3人
瓶を買う亭主、買い物上手の兄貴分の源さん、瀬戸物屋

あえて、誰が何を発言したか注釈を入れません
寄席にいる感覚で、場面を想像しながらどうぞ!
古典なので、だいたいの噺の筋は同じですが
ところどころ味付けしてます


兄貴~兄貴~ うちの水瓶が寝しょんべんして困ってるんです

なんだいなんだい、朝っぱらから騒々しい
寝しょんべんって、いったい何だい? 水が漏れてんのか?

そうなんですよ~ でねぇ、うちのかかあが新しいの買ってこいって  だけどね、おまえさんは黙っていれば賢くみえるんだけど、変なもの買わされるんじゃね~かって だから、源さんを連れていきなさいって!
源さんだったら、人間がずる賢くできてるから、店のひとも騙くらかしてくれるよって
そんな訳で署までご同行願います さあ来なさい


おいおい、おまえは岡っ引きかい
そんでさー、なんだい?本人のまえでよくもまぁー堂々と悪口が言えたもんだな~

あ~そうだった かかあも本人の前では言うなって言ってたんだった~


まあいい 奥から棒と荒縄持ってきな~~

え~何に使うんすかぁ~

瓶をしばって持ってくるために決まってるだろ、いいから早くしな

そんなの店でやるでしょうよ

いいから黙って持ってこいって~

店がいっぱいありすぎて、どこに入っていいかわかんないな~ どこにします?

ここがいいや イイ店構えしてるじゃないか~

お~~い 店主はいるかい、店主は

いらっしゃいまし よくおいでくださいました


瓶あるかい、瓶~
おいおい、何ぼ~っと突っ立ってるんだい 早く入ってこいよ
よぅ あるじ こいつがねぇ~ 瓶が壊れたってんで買い物しようとしていたんだが、ひとりじゃ不安だからってんで、おれがついてきたわけよ~

それはそれは、手前どもの店によくおいでくださいました。 いい品を取り揃えてございますので、見ていってくださいまし
手前側が1荷の瓶、奥が倍入る2荷の瓶でございます

それでいくらなんだい??

いい品ですから本来は高いんですけど、う~んと勉強させてもらいまして、1荷が3円50銭でございます
 で、奥の瓶は倍入りますので、3円の倍の7円でやらせてもらってます  いかがでしょう?


3円50銭かい?
でさぁ、仮に、仮にだよ、俺らがいつもくるお得意さんだったらいくらになるんだい? よ?

しゃ~~んえん、ごじゅっしぇ~~ん

世界のナベアツみたいに言ったって、おんなじじゃね~か!
よ~く考えておくれ! 俺らはこんなにたくさん店が並んでるなか、わざわざこの店を見つけて、こうして雁首そろえてんじゃね~か おい、外見てみろ
手ぶらじゃ~ね~んだよ、棒と荒縄まで持ってきてだよ、店のやっかいにやらないで持ってかえっちまおうって、そんな気合いの入った客だよ
どうだい? 勉強できるか、勉強~ きあいだぁ~きあいだぁ~ おい! おい!

わ、わかりましたよ お客様方の気合い、じゅうぶんに伝わりましたよ~
でしたらどうでしょう? まずお客様のご希望を聞かしていただきまして、手前どもが合わせられるかどうか いかがでしょう?

わかった じゃー言うよ
俺さ~ このじゅ~って音なんだがね~ 聞くとトラウマになっちまうのよ~ ちいさいとき、火鉢の周りで遊んでてなぁ~ 手が当たっちゃってさぁ~ じゅ~~ってやけどしたわけよ
あれ以来、どうも、じゅ~~ってのは、勘弁してもらいたいね~
っで、あるじよ このごじゅ~~ってのをとっぱらってくれるとありがたいんだがね~

お、おきゃくさまぁ~ すごいかたですね~、幼少期まで持ち出して交渉してくるとは~ 50銭は……
いゃ~おきゃくさま~ この3円50銭でもギリギリでやらしてもらってるんですよね~ それを3円~ しゃ~~んえ~~ん  すぅ~~~

あにき~ あにき~
あるじが気絶しちゃいましたよ~
これはあるあるさんところの探検隊呼ばな~アカン

おいおい、ふざけてるんじゃないよ~ おまえは引っ込んでなさい! 
あるじ あるじ よぉ~ いいかい? こんなにたくさんの店から選ばれてんだよ~ わかるかい? あんたはただもんじゃないんだよー
やればできるよ、できるよ、できるよ~~ おい!おい!

わ、わ、わかりましたよ
あなたには負けましたよ~ 入って来たときから嫌な気配を感じてたんですけど~

しゅ~~~~ (酸素スプレーを吸い込む)

ハ~ハ~ え~と 商人には魔日というものがありましてね~ 月に何日かあるわけでございまして~
今日はその日だと思わせていただきまして、こ、これを3円で、持ってっていただきましょう


さすが、あるじ よっ、千両役者!!
じゃ~ここに3円置くよ~~
じゃ~な ほらっ、突っ立ってねぇ~で、縛るの手伝えって
よ~しっ 行くぞいくぞ~~ 何、ムニャムニャ言ってんだよ 早く行んだよ~

あっ あにき~ あっしの話、聞いてましたかい? 欲しいのは、1荷の瓶ですよ~

わかってるよ~ これがなぁ~ 1周まわると2荷に変わるんだよ~~ おっ、そこを左 次を左、次を左

あっ あにき~ 店に戻っちまいましたぜ~

これでいいんだよ、いいから、そこで黙って待ってろって

よっ あるじ あるじはいるか~い?

これはこれはおきゃくさま~ どうなさいました? お忘れ物か何かで?

あるじよ、驚いたね~ 俺たちの顔覚えててくれたんだ~

なにをおっしゃいますぅ さっき、いらっしゃったばかりじゃございませんか~

うれしいね~ っで、あるじさぁ~ よわっちゃったよ~ あそこに突っ立ってる、あいつ
薄々気づいていると思うんだが  ばっ バカなんだよ~ あいつの買い物だったんだけどね、買ったあとで、欲しかったのは1荷じゃなくて、2荷だったんだって、言い出しやがって!
そんでさ~ さっき買った1荷の瓶をさぁ~ 申し訳ないんだけど、引き取ってくれねぇ~かぁ?
なぁ~に 一度買っちまったんだぁ 3円とはいわないから いくらでもいいから引き取ってくれねぇ~かぁ? いくらでもいいから、頼むよ~~

なにをおっしゃってんです! 他の店でお買いになったものなら、まだしも、手前どもの店でさっきお買いになったばがり 紐もほどいてないものじゃないですか~
ですから! 3円で引き取らせていただきます!

お~ あるじ~ 話がわかるひとで良かった~ エラいエラい! ほぉ~れ、たかいたか~い 

おきゃくさま~ おやめください! おろしてくださいよ~

わりぃ~わりぃ~
じゃっ 3円で引き取ってくれるんだな? 3円で?

へぃ、3円で引き取らせていただきます

お~ あるじ~ あるじよぉ~

よっ いいぞっ! おっ 大統領~!

お~ぎゃ~ぐぅ~ざぁ~まぁ~  グ~ルゥ~ジィ~

おっと ごめんよ  ところで、あるじ~ あるじよ~

さっきからなんですか~?? ここは劇団四季じゃないんですから~  っで、何です?


おぅ! 本題を忘れてた! ところで、あるじよ~
こいつが欲しいのは2荷の瓶なんだ! おいくらかぃ?

さっきも申し上げましたとおり、7円でございます!

さっきは3円で売ってくれたんだったよな~?

え~ ですから、1荷の瓶を3円でお売りしましたから、2荷の瓶はその倍で………(;゚д゚)

おきゃくさま~? お会いしたときからただ者ではないかとは思っておりましたが……
1円のひらきがでましたよ~

棒と荒縄までは見事でございましたが、世の中にはできることと、できないことがございまして~

あるじよ~ せっかくの出会いじゃ~ないか~ なぁ~に これだけたくさんある店でわざわざこの店に入ったんじゃ~ないか~
俺たちだって、1円まけてくれたんだから、黙って帰ったりはしないよ! 街じゅ~に屋号を言ってまわってやるよ~ 仕事やすんでやってもいいんだよ~
損して得とれじゃないか~ 宣伝料だと思えば安いもんじゃね~かぁ~ なっ なっ 

なっ涙で目が見えない(泣)
わっわっわかりました~
商人には魔日というものがありまして~ そのなかでも取り分け悪いのは大魔日と申しまして~~ くぅ~~
2荷の瓶を3円かける2倍で、6円!
も~いいから持ってっちまってくだせぇ~

いいのかい? あるじ~ ここまでしてもらっちまって…
じゃ~~さっき渡した3円あるかい?

もちろんありますとも~ ほら、まだこちらに

っで、1荷の瓶を3円で引き取ってもらえるんだよな?

へぃ、そうさせてもらいます

ってことは、ここにある3円と1荷の瓶を引き取ってもらった3円をあわせて6円! これで2荷の瓶持ってっていいなぁ~?

ん?え~~と、こちらの3円と瓶を引き取った3円で6円!? う~~ん、確かに6円! 6円? 6円! うんうん……さぁ~お持ちください

おっ ありがとよ! ほれ、行くぞっ! すこ~~し急げよ~

あにき~ あにき~ クックっクっ

おいおい笑ってんじゃないよ~

1荷の瓶が2荷になったね すげ~や、あにきの言ったとおりだ~~

おきゃくさま~ おきゃくさま~  ちょっと、お戻りくださいまし 申し訳ありませんが ちょっと、お戻りください~ お~~きゃ~~く~~さ~~ま~~

あにき~ すごい顔で走ってきたよ~ どうする? 走る?

どうするっつったって、こっちはカゴだ 逃げ切れるわけないだろ~ もどれもどれ~

あいスミマセン 勘定があいません、勘定が!
わたくし、商人を長いことやってきたんですけど~ どうも、いい商売したな~~ っていう感覚が…… まったく無いんですぅ~

おいおい、さっきは持って行けって言ったのはあるじじゃ~~ないのか? ど~~なってるんだ?
いいか~? そろばん持ってこ~い そろばんを~
いいか~? ここに3円あるな? 3円
いれてみろ、3円 ほれっいれてみろ

え~~と、3円っとぉ これはすんなり入るんでございます

それで おめぇ~さん 1荷の瓶をいくらで引き取ってくれたんだい? いくらで?

それは~~~ 3円でございますぅ~

だったら、3円を足してみろ 3円を

う~~ん? ここがいつもひっかかるんですけど~~~(;¬_¬)

ガタガタ言ってねぇ~で 3円足してみろって 3円を

う~~ん? え~~と、3円を足すと……6円! あ~~ 6円? 6円になりまし……た?

そうだろ~~? 3円と3円で6円だぁ~
それで気が済んだかぁ? じゃ~行くぞぇ
こばしりでいけぇ~ こばしり~ いけいけぇ~~

おいおいおい、腹をかかえて笑うんじゃないよぉ~

ハッハッハ~~ はらいてぇ~~

お~きゃ~~ぐぅ~~ざぁ~~まぁ~~
ひゃっひゃっひゃ

あにき~~ あるじ壊れちゃってますよ~ どうしますぅ~~?

おぅっおぅっおぅ~ 戻るぞ戻るぞ~

なんだなんだ、何度も何度も しまいにはおこるぞ~~! いったいなんなんだぁ~ さっきもやっただろ~ なんべんもなんべんも~
あと一度しかやらないよ、一度しか お~~い そろばん持ってこ~い

ですから、なっなっなぜか 勘定が合わないんでぇ~すぅ~よぉ~

いいか~~? こ~こ~に~ 3円がありま~す はい、3円入れて!

はい、はい ここまでは間違えなく、はい

あるじは1荷の瓶を3円で引き取ってくれたんだよなぁ~~ だから、3円を足すと??

う~~~ん?? ここなんですよ~~ ここが! わたくしはいれたいんですけど…… この指が入れさせたがらないんですよ~~ こらっ 入れ~

なにをしてるんだい?

う~~~ん(;へ:) た~~すけてぇ~~ あっ おっきいそろばんなら入るのかな~? おっきいそろばんを持ってこ~~い は~や~ぐぃ~~

だ~か~ら~! 3円と3円を足してみぃ~~?

う~~~~~! えぃ~~い! こうなったら、おまけでぃ~い!
1荷の瓶も持ってっちゃってくだされ~!

おぅ あるじよ~ せっかくだけど、2つもいらないよ~