読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の終わり

いよいよ
夏の季節とはお別れになりそうだ

サンマが出回りだし
松茸のカンバンがチラホラ
気が早いところは
おせち料理の早期予約割引のチラシ

季節は確実に進んでいる


食欲の秋
ドライブシーズンの訪れは
楽しみで仕方がないが

何故だろう
夏の終わりはなんだか寂しい

気候の変化は気分にも
影響を及ぼす

僕はこう考える


夏は熱エネルギーが満ちている

だから
人間のカラダもそれを受け入れる
体質になっている

初夏の暑さは非常に辛いが
だんだんと暑さに適用していく

夏の終わり前がちょうど
釣り合いがとれている状態となる


それから気候は秋へ向かう
熱エネルギーが減ってくる

すると
これまで釣り合っていた
熱エネルギーとカラダとのバランスに
変化が生じ始める

カラダ的には
これまで耐え忍んできた
熱エネルギーが弱くなり
張り合いを失っていく

すると
心理的にも
覆われていた熱エネルギーが
減りはじめていることに気づき
減ったところに穴があき
寂しいを感じるのであろう

夏の終わりには
ただあなたに会いたくなるの
いつかと同じ
風吹き抜けるから


夏の終わり

早くなった夕暮れに
不思議な情緒があふれている