読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しるし

目に見えるしるし

祖父の家に行ったとき
柱に背中をつけて、まっすぐに立ち
頭に竹のジョウギを乗せる

載せたところに
エンピツでしるしをつける
そして
年月日をしるす

小学生のとき
祖父母を訪ねたときの日課だった


大人になると、だんだん
目に見えるしるしを
つけなくなっていく


意識のなかの見えないしるし

人と人とが繋がるとき

この見えないしるしが
コネクションとなる


それは身振り手振りに
隠されているのだろうか

それとも

交わす言葉に
含まれているのだろうか


不思議なことに

何かを決めるとき
方向に迷っているとき


目には見えないしるしに
導かれているのかもしれない

運が良い人には
しるしを嗅ぎ分ける能力が携わっている