読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旨いメシを食うために

振り返ってみると
初給料で食う天丼は最高に旨かった

そんな喜びを今でも覚えている

自分のチカラで
食べたいモノを食べられるようになる

ひとつの目標が達成できた
喜びをかみしめた一幕だ


だんだんと社会に慣れてくる

コンパクトカーからSUV
回転寿司からカウンターに

人間の欲はだんだん増していく


守備範囲が広くなると
当然ながら、ひとりではできなくなる
協力者が必要になるのだ


これから先
旨いメシを食い続けるためには
人を上手に使いこなさなければならない


いろんな音色を奏でる人たちを
小気味良く混ぜ合わせる

マエストロのように


いろんな味わいのある人たちを
バランス良く混ぜ合わせる


巨匠のように


情熱がみなぎるワインとともに
最高の時刻を楽しもう