読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦術

未開の地を開拓していくには
勇気と戦術が必要だ

初めの一歩を踏み出すとき
走り始める勇気をもって
歩みだそう

そして
歩みがだんだん早くなり
広い世界を駆け巡るとき
いろんなチカラを使って
生き抜いていきたい



風のように勢いよく
突き進む行動力を使っていきたい

変化の激しい現在を生き抜くためには
スピーディな身のこなしが必要だ


慌てず騒がず
ピンチが訪れたときこそ
冷静にことを進めるよう心がけたい

肝がすわった姿勢こそ
最大の防御ともなりうる
どんと構えることが必要だ


必ず手に入れたいものがあれば
怒涛の勢いで勝ち取らなければならない
そうやって得たモノは
これからの支えとなるだろう

覚悟を決めて決断し
覚悟をもって前に進もう


人生にはいろんな戦いがあるけど
戦いを続けるには困難がつきもの

休みたくなるときもある
一度、退却したいときもある

そうしたときに
無理に戦いを続ければ
大敗北を喫することは明白だ


そんなときはどうするか
そんなときには
要塞にじっと立てこもり
チカラが回復するのを待つ

ときには相手の動きを見定めるため
じっと動かぬことも戦術のうち


突っ走っているだけでは
自分を見失ってしまうだろう

なぜなら
動いていると自分が客観的に見れなくなる
向かっている方向が変わっていくからだ
つまり、最初の想定どおりにことは進まない

世の中は自分と人との相対性によって
判断基準が決まってくる
だが
自分の思い込みが強くなると
周りの動きを見ずに判断していく

自分のなかだけで完結する
絶対評価だけでは間違える可能性が高い

たしかに経験を積み重ねていくと
自分の勘に頼ることもあるだろう

しかし
その勘は時間の流れによってズレてくる

ズレを調整するためにも
ときにはじっと動かず
周りの状況を見極める必要がある


風林火山

4つの心構えを巧みに使いわけ
この混沌とした世界を
自由自在に乗り切ろうではないか