読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同じ景色、同じ味

高速道路から見える

頭に雪を被った山々

 

白い厚い衣を羽織る

純白の富士山

 

その麓に広がるテーマパーク

ぐるぐるとぐろを巻き

じわじわとあがったあと

急角度で落ちてゆくジェットコースター

 

静かな水面が広がる河口湖

この近くにあるほうとう

 

寒く凍えた体が自然と足がむく

 

ぐつぐつと焼けた鍋に入った

濃厚の味噌とトンコツのダシに

甘い野菜とコシがある麺が浸かっている

 

ふうふうと冷ましながら

口へと運ぶ

冷えた体にしみわたる

やさしい味が広がる

〆のごはんと食べ終わると

満腹感で満たされる

 

店を出ると

名物の干し葡萄が売られていた

山梨弁丸出しのご婦人が

味見味見と食べさせてくれる

 

300gくらい買っただろうか

少々大きめの袋を持って

店をあとにした

 

次に向かったのは山中湖

渡り鳥でおなじみの白鳥が羽を休める

富士山に負けずとも劣らぬ純白の姿

えさをあげている観光客たちに

首を振りながら近寄ってくる

白鳥に混じって鴨たちもやってくる

 

あっという間に時間が過ぎる

 

近くのお肉屋さんで売られているトンコツ

特製のソースをかけて

車内で頬張る

 

噛めば噛むほど

肉汁がしみだしてくる

 

 

同じ景色に

同じ味

 

変わらない景色に

変わらない味

 

 

同じ景色の筈なのに

心境の変化で変わる彩り

 

同じ味の筈なのに

心境の変化で変わる味わい

 

 

自然は四季折々の変化を起こすが

人の感情の変化は七色に

いや

それ以上に変化を繰り返す

 

 

変化を楽しみながら

今日よりもっと良い明日を目指そう