読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

質問力

ひとは
いろんな気付きのチャンネルを受信する
アンテナをたくさん持っている

短いものから長いもの
感度が良くて反応しやすいもの
なかなか反応しないもの

ぴったりと方向があっているもの
全然違う方向を向いているもの


受信するポイントは
人それぞれ違うし
タイミングによっても違う


さて
どうやってチューニングしよう

人と人が繋がり始めるためには
一方が質問をして
一方がそれに答えることから始まる

ここで大事なのは
答える方が答えたくなる
好奇心を喚起する質問力だ

ひとは好奇心を持った話題には
とても感度がよく
レスポンスが早い
声のトーンも高くなり
言葉に力がこもってくる

この状態になることが理想だ

友人との初回の会話は
たいていはこのような状態だろう

ただ
いろんな人と関わるなかで
すべての人にフィットするわけではない

アンテナの向きは常に変わっている

その周期を捉え
タイミングよく質問を投げるためには

まずは
ひとに対して好奇心を持って接することだ

ひとは
興味を持って話を聞いてもらえると
だんだんとアンテナのありかを明かす


こういったことを
繰り返し繰り返しできたとき
人は心を開くのだ