読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまりの唄

どんな単純なことも
気持ちの持ちようさ

満開の桜の下に佇む

毎年同じ景色のはずなのに
毎年違う光景が広がっている

なぜだろう

それは
人が外の世界を
感情というフィルタを通して
見ているからだろう

大切なのは評価ではなく
胸に染み付いた弱虫とどう向き合うか

今日よりもっと良い明日へ

春風にのって前に進もう

それがはじまりの一歩になる

もうひとつ前に進む証を

進んだことで広がる世界を

確認できる

実感できる

体感できる


凍りついた心がゆっくりと溶けていく

ひとの温もりをだんだんと感じられる


出会いの季節

新たな感情

新たな情熱

それらを燃料にして

スタートラインから飛び出そう