星に願いを

はるか昔から

 

地上に住む

生きとし生けるものは

 

夜空に輝く星たちに

 

神秘的なチカラを感じ

 

祈りをささげてきた

 

 

漆黒の大スクリーンに

 

神話の世界が映し出される

 

 

ケンタウルスをはじめとする

個性的な出演者たち

 

織姫と彦星による

天空を舞台にしたミュージカル

 

 

数々の名演は

 

人々の眼とココロ

そして

DNAに刻まれ

いまに受け継がれている

 

夜空を見上げると

そんな物語が脳内で再生され

悠久の世界が広がる

 

ロマンを感じる瞬間

 

歴史は流れ

 

代々の知恵が蓄積し

進歩している筈の我々だが

 

大いなるチカラに

頼らざるをような

悩みや苦しみは

 

消えることはない

 

 

願い

救済を求める

 

 

大元を辿れば

我々は宇宙の物質の一部

 

宇宙が誕生して約137億年

 

その果てしない歴史に対して

人間の歴史はほんの瞬間に過ぎない

 

移り行く大いなる宇宙の前では

人間の色み

目の前の事象は

一瞬の幻のようなものだ

 

その幻に心をとらわれ

苦しみを生み出している

 

 

では、こう考えてみる

 

我々の日常は

永遠に続く一瞬一瞬の繰り返しだ

 

一瞬一瞬を

たいせつに生きることができれば

 

空の世界

 

夜空に輝く星のような

明るい人生を歩むことができるのだ

 

 

 

今宵

 

ワーグナー作曲の

タンホイザー序曲を聴きながら

宇宙のことに思いをはせる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする