読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠る

生きているうち
4分の1くらいは眠りの中にある

街が闇に包まれたとき
それぞれの商店が
まぶたのシャッターを下ろす
やがてくる夜明けを待ちわびながら

ギャラリーのなかで
ココロが洗濯される
カラダが充電される

今日の汚れを洗い流す
明日への活力を溜める
そんなリセットボタンを
毎日のように押している
当たり前のように

だが
心身のバランスを崩したとき
体の力が弱くなったとき
ボタンの油がきれてしまう
押しても押しても
反応しない
押し寄せる不安の波に
飲み込まれてしまう

眠るためには体力がなければならない
スリープ状態になっていても
待機電力が必要なのだ

眠れないと悩んでるときは
いっそう寝ないでいるのもイイ
潮流に身を任せてみたい
やがて
ココロのタービンを回し
充電されるだろう

細かいことを気にせず
自由に荒野を駆け巡る
眠れる獅子に僕はなりたい